千代田区でリフォームするならむっくの木にお任せ

千代田区でリフォームするならリフォームハウスむっくの木
0120-69-2169 AM9:00-PM8:00 年中無休 千代田中心にリフォームを行っていますが、珪藻土の素晴らしさを千代田区以外のかたにもぜひわかっていただきたいと思います ひとつひとつを大事に考えられる、お客様の幸せな暮らしを第一に心で住まいづくりが出来るスタッフがむっくの木にはいます
  • むっくの木のリフォームコンセプト 千代田 女性が生涯通じて、輝き、イキイキと働ける環境をつくる。温暖化の防止に努め、地球環境に貢献する。そんな暮らしを千代田区からリフォームを通じて提案していきたいと思います
  • 千代田のリフォーム施工事例 使われる素材が原因で、シックハウスや化学物質過敏症、原因不明のアトピーなどの健康被害が出てきました むっくの木では千代田区を中心に自然素材でのリフォームを推進しています
  • 千代田でリフォームしたお客様の声  安心できる素材を使い、むっくの木の、デザインと実用性を考えた設計で幸せなお住まいをお造りさせて頂きます ぜひ千代田区のオフィスに遊びに来てください
  • リフォームに関するお問い合わせ 千代田区以外の方もお問い合わせください

  • HOME
  • 本当に住みやすい家とは?

ほんもの素材を使った住まいづくりをする理由とは?

 
リフォーム
 今の住まいで常識的に使われているもの、そして事が
 本当の住まいではないことを知ってもらいたいのです。

 真剣に良い住まいをつくりたい方、長い文章ですがじっくり読んでください。
 必ず住まいづくりの参考になります。
 24時間吸う空気だからこそ、本気で考えてあげて下さい。


"住まう人皆が幸せになれる住まいをつくること"
 それがむっくの木の目的です。


今、問題になっているのが、シックハウスや、化学物質過敏症です。

まず、健康について、

私がこの業界に入り感じたこと、それはあまりにも住まう人にとって考えられた建材が少ない。

ということでした。

ほとんどの住まいで、日常的に使われている「ビニルクロス」
これは「塩化ビニル樹脂」を原料として
製造された壁紙です。
製造工程でもたくさんの有毒ガスが発生しますし、また万が一燃えればダイオキシンと言う有毒ガスが発生します。

また、通気しないビニルの壁は、結露やカビの原因になります。
たとえカビが生えても、ビニルなのですぐには表に出てきません。表に出てきた時はすでに下地がカビだらけです。
もっともビニルクロスが使われる原因は、施工性の良さと安価で大量生産可能なことです。
そして塩化ビニールは、通常の燃えるゴミとしても処分が出来ません。産廃扱いになります。また一度生産してしまうと、自然に還らずずっとそこに残り続けます。
そういったものをこれから先もずっと使い続けることがいいのでしょうか。

ビニルのクロスはそれ自体の厚みがあります。そのため、壁の下地状況が悪くてもクロスを貼って隠すことが出来てしまいます。

そのため、酷いリフォーム会社だと、既存のビニルクロスの上から、ビニールクロスを貼ったりします。そして見た目だけキレイに見せるのです。

また、職人の手も軽減できます。クロスの張替作業の場合、既存のクロスを剥がすと、クロスの裏に付いていた紙はどうしても残ってしまいます。その時、新しいクロスを貼る前にキレイに貼れるように下地を作る作業を行います。
ビニールクロスは、厚みもあるので、下地の状況があまり良くなくても、早く、そしてそこそこキレイに貼ることが出来るのです。また、職人の中でも、技術力は凄く高くなくても出来ます。
職人の手を軽減できると、その分安く多く貼ることが出来るので、一般の住まいでは当たり前の仕上げ材として復旧しました。

 合板のフローリング材も同じです。
通常は約7㎝位の巾の溝のフローリングが貼ってあることがありますが。これは、実は、30㎝のパネル状になっています。そのため、簡単に貼ることが出来ます。また薄いベニヤを何層にも重ねて作ったフローリングは、施工後も反ったり、床鳴りがしないので、その後のクレームも少なくて済みます。
業者の一番嫌がることはクレーム対応です。お金にならない作業に時間を取られたくない。クレームの多い商品は、職人からメーカーに苦情がいきます。
「こんな材料じゃ仕事にならないよ。」「クレームの無い商品をつくってくれないと買わないよ」そういう声がメーカーに直接行きます。メーカーは売れなくては意味がないので、結局売れる商品をつくります。
薄いベニヤを何層にも重ねつくった、フローリングは空気を汚します。またウレタン等で塗膜を張った床は冬は冷たく体を冷やしてしまいます。

そして、そういった建材を使ったことで、シックハウスや化学物質過敏症の問題が出てきました。
部屋の空気環境は悪くなり、機密性の高い現代の住宅で、共働きの家庭が多く
換気の環境を決して良くない。そんな状況のもと
使われる素材が原因で、シックハウスや化学物質過敏症、原因不明のアトピーなどの健康被害が出てきました。

しかし、手と気持ちを加えてあげれば、体によいことが出来るのです。
人の体と心が安心できる住まいをつくりたい。
家にいて逆に体を悪くしてしまっては意味がありません。

空気がおいしい。と思える、本来の健康的な住まいをつくりたい。
そして、人にやさしい住まいは地球環境にもやさしい住まいです。

 安心できる素材を使い、むっくの木の、デザインと実用性を考えた設計で
幸せなお住まいをお造りさせて頂きます。

                                   リフォームハウス むっくの木
                                        責任者 古山 順子

母

 
むっくの木

 
▼代表のリフォームへの想い、こだわりの建材へはこちらをクリック!



会社案内 施工事例 声

住まいづくりを通じて多くの人を幸せにしたい。むっくの木のコンセプト

むっくの木のこだわりをご紹介しています

  • 珪藻土かべぬり体験会 千代田 むっくの木
  • 千代田のリフォーム会社 むっくの木 私たちが扱うほんものの素材
  • 女性プランナーと創る自然素材リノベーション 千代田区で壁塗り体験会実施中
千代田で開催 珪藻土かべぬり相談会 むっくの木 むっくの木では東京23区特に千代田区を中心としリフォームにお伺いいたしております。珪藻土専門ページ 女性プランナーと創る自然素材リノベーション 千代田でリフォームするならむっくの木 千代田区 リフォーム むっくの木 会社案内 採用情報 むっくの木 千代田 リフォーム施工事例 千代田 むっくの木 千代田でリフォームされたお客様の声 むっくの木 メディア掲載情報 リフォームのすすめ方 むっくの木 珪藻土のススメ 千代田区でリフォームをお考えなら むっくの木 BLOG むっくの木代表 ふるやまプライベートBLOG! むっくの木 リフォーム工事&活動報告blog 千代田 AREA むっくの木では東京23区特に千代田区を中心としリフォームにお伺いいたしております。東京23区外、神奈川県、埼玉県、千葉県の方もご相談ください。
  • 千代田区のオフィスにもぜひいらしてみてください お問い合わせ むっくの木は千代田で珪藻土を使用したリフォームを行っています
  • お見積もり 千代田区のオフィスにもぜひいらしてみてください 千代田で珪藻土リフォームに興味のある方はむっくの木へ
  • 千代田 むっくの木の珪藻土リフォーム事例をご覧になりたい方は資料請求 千代田区のオフィスにもぜひいらしてみてください
リフォームハウス むっくの木

〒102-0072
東京都千代田区飯田橋2-14-5
Pure Woodガーデン3F
[ 電話 ] 0120-69-2169(フリーダイヤル)
    03-3239-4175
[ FAX ] 03-3239-4144
[ E-mail ] info@mucnoki.com
営業エリア
むっくの木では東京23区を中心としお伺いいたしております。23区外、神奈川県、埼玉県、千葉県の方もお気軽にご相談下さい。

Copyright © 2012 リフォームハウス むっくの木 All Rights Reserved.

お問い合わせ むっくの木 千代田区